港区の出張写真撮影

港区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 港区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは港区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 撮影

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真

 

≪地域情報≫

出張 写真 港区

▼港区の概要
企業が本社を最も多く構える区の一つであり、いわば日本のビジネスの中心である。東京23区の中央からやや南東寄りに位置している。特に、虎ノ門・新橋・芝をはじめとしたオフィス街では、経済活動が非常に活発である。青山・赤坂などの商業エリアや、六本木などの歓楽街、麻布・白金台などの住宅街、汐留・台場などの大規模開発地区があり、さまざまな表情をもっている。東宮御所・迎賓館(赤坂離宮)をはじめとして芝公園・白金台の自然教育園など緑地帯が豊富な自然環境である。駐日大使館や外資系企業も数多く立地しており、外国人居住者も人口の約1割を占める。 江戸時代は広大な武家屋敷と町人町が存在する街で、文京区と同様の混在した街であった。

 

▼区内の坂
港区は、海岸埋め立て地から武蔵野台地にかけて入り組んだ高低差の大きい地理であるが、近世より都市開発がすすめられた結果、多くの坂が江戸時代の名残をとどめる歴史的遺産となっている。

 

▼港区の沿革
1947年(昭和22年)3月15日、当時の芝区、麻布区、赤坂区が合併して港区となる。この際、各町名にはかつて属していた区名が冠されている(例・旧赤坂区一ツ木町→港区赤坂一ツ木町、元赤坂町・本芝など一部例外あり)。その後の住居表示実施により、現存しているのは旧麻布区の2町のみとなっている。
3区の合併時には各区の関係者から新しい区名案が提出されて審議が進められ、区名の案の一つに「今後の我が国の発展は貿易の振興にあるが、その素材とも言える東京港を抱合している」ことから「東港区(とうこうく)」が候補になるも「東港区」では「東京都東港区」のように似た音が重なるので「東」の一字を除いて「港区」になった。
1979年の13号埋立地完成により隣接自治体に江東区が加わった以外、港区にはあまり大きな変化はない。

 

▼港区の町丁
・芝地区
愛宕(あたご)一・二丁目、芝(しば)一-五丁目、芝公園(しばこうえん)一-四丁目、芝大門(しばだいもん)一・二丁目、新橋(しんばし)一-六丁目、虎ノ門(とらのもん)一-五丁目、西新橋(にししんばし)一-三丁目、浜松町(はままつちょう)一・二丁目、東新橋(ひがししんばし)一・二丁目、海岸(かいがん)一丁目、三田(みた)一-三丁目、

 

・麻布地区
麻布十番(あざぶじゅうばん)一-四丁目、麻布台(あざぶだい)一-三丁目、麻布永坂町(あざぶながさかちょう)、麻布狸穴町(あざぶまみあなちょう)、西麻布(にしあざぶ)一-四丁目、東麻布(ひがしあざぶ)一-三丁目、南麻布(みなみあざぶ)一-五丁目、元麻布(もとあざぶ)一-三丁目、六本木(ろっぽんぎ)一-七丁目

 

・赤坂地区
赤坂(あかさか)一-九丁目、北青山(きたあおやま)一-三丁目、南青山(みなみあおやま)一-七丁目、元赤坂(もとあかさか)一・二丁目

 

・高輪地区
白金(しろかね)一-六丁目、白金台(しろかねだい)一-五丁目、高輪(たかなわ)一-四丁目、三田(みた)四・五丁目

 

・芝浦港南地区
港南(こうなん)一-五丁目、芝浦(しばうら)一-四丁目、台場(だいば)一・二丁目、海岸(かいがん)二・三丁目